読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Table Data Gateway(3)

Table Data Gateway Example(C#) 検索SQLごとにメソッドを作り、引数に検索したい値を渡し、検索結果をIDataReader型の戻り値で返す。IDataReaderはデータベースのカーソルライクなインターフェースで、一度にすべてを取り込むわけではないので、大量処理な…

はてなスター

昨日の記事に、はてなスターをいただきました。まさか見ている人がいるとは・・。自分用のつもりでした。 都合により週末は書けないので、次は来週の火曜日の予定です。カッコは私が補足したほうがわかりやすいと感じて追加したものです。 また、後から内容…

Table Data Gateway(2)

Table Data Gateway When to Use it このパターンはデータベースを扱う上で最も単純である Domain Modelパターンでは小規模で使用する。Data Mapperのほうがよりデータベースと分離することができる。 Table Moduleパターンで、Record Setを作る際にはうまく…

Table Data Gateway(1)

Data Source Architectural Patterns Table Data Gateway ひとつのインスタンスがテーブルの全ての行を制御する 一つのテーブルやビューに対するselectやupdate, deleteなどをすべて(1つのクラスに)集約する How it works selectに対応するfindメソッドを…

SIerがなぜ、こうなってしまうのか

ほぼ、1年ぶりに日記かな。SIはやめておけ そもそもSIとは要件定義から保守までを一括請負するという意味であって、例えば、いわゆるWeb系エンジニアがそれの対極かというと、どうも違うような気がする。SIでもWeb系の仕事をするだろうし、いわゆるWeb系エン…

テスト

テスト テストで書いてみました。 どうかなぁ。

順位戦とAWAKEに挑戦

1日見ていました。時間があっという間になくなってく。

確定申告

午前中は最後のリリース。手作業は結局行わずにすんだ。少し問題があったが、まあ大きなものではない。 少し時間があったので、皇居まですこしあるいて、桜田門から帰宅。 確定申告の登録を始めたが、うまくいかず、しばらくして、管理者ユーザーでやったら…

酒が大量に到着

酒が来た。 櫻田酒造の「にごり」は開けるのに苦労したが、なんとか空いた。すごく濃い。 白藤酒造の「にごり」はきれいなお酒で美味しい。甘さ控えめで、普通に美味しい。

SharePoint

SharePointはやっぱり遅いです。ユーザーがシステムを作れるのはいいと思うし、なかなかいい感じの機能も多いけど、本格的なシステムのフロントエンドとしてはどうかと。 データ量が増えると更新系が遅い。検索も早くはないけど。データ量が多いものを外にだ…

にごり酒

にごり酒を大量に購入。一人では飲めなさそうなので、何人かで飲もうと思うが、今週末はお仕事もあるんだよなあ。

天気のいい日

天気が良く寒い日。仕事したくない日だけど、仕事の引き合いが増えてきた。確実に取れるかどうかはわからない。 不安定な状況だけど、不安定であることが、一番大きな利益を生むということを信じたい。不安定であること、すなわちリスクがあることだ。

毎度のことながら

誕生日なのだが、今年は特に無し。去年はちょっと恥ずかしかったから、まあこれもよし。祝ってもらう必要を感じないしね。なにかとてもすごいことを成し遂げたのならともかく。何もしていないし。一種の惰性に近い。毎日が成長の子供ちゃんなら、まあ、祝っ…

車将棋

車将棋を見た。可能性は感じるが、今年限りの予感。 もう後なにか一つ欲しいところ。

仕事をするということ

調査内容の説明し、その後から候補ソフトのデモを見る。他の人がそれをどう見ているのかがとても興味深い。どういう視点で評価し、決定しているのか。そのプロセスに今回のプロジェクトの目的や方向性が見えているように思う。 今回は、このプロジェクトがも…

キーマン

お客様にはキーマンと呼ばれる人がかならずいて、その人の考え、思いというのに注目しなければならない。そんなことはみんなわかっているんだけど、理解できないとスルーしちゃうんですよね。もっと、観察しないと。

新聞

例の人質事件の影響で、新聞をいつも以上に読むことに。 しかし、仕事的にはやっぱり、朝日より日経なんだよな。と。お昼にお客さんと話をしていてそう思いました。

落ち着かない

プロジェクトが3つ並行だといろいろ難しい。なにか問題があっても、徹底的に調べたりとかができず、表面的な対応にならざるを得ない。 管理者というのはそういうものなのだろうけどね。 ある1つのプロジェクトは完了間近なので、忙しくなってきた。じっと…

提案書

新規案件向けの提案書を先週は作成した。 難しい。リスクが大きい。ただし、リスクがないプロジェクトは存在しない。 できる限りのことはやって、踏み込んでみよう。

ニコニコ

結局、週末は闘会議をみていた。ぷよぷよテトリスとシレンをみていただけのような。 ちょこっと、それ以外の作業もしたけど、ほとんど家にいた。 引きこもりが楽しいのは問題ですね。

結局

まとめて日記を書いている。もう少し習慣化できないものか。 今日は本業が忙しく、テスト+移行準備で1日。明日も引き続きテストをやって、見通しを立てておきたい。もう一つの調査の仕事がいまひとつ進捗できず。大丈夫かな。 能登ツアーの準備を始める。…

調査

午前中はオープンソースプロジェクトの調査、午後にその報告という一日。ほとんど日本語情報がないので、時間がかかる。もう少し絞って深く調べないと。

オフ

代休日。ニコニコの朝日杯将棋オープン戦を見ながら、交通費などの経費精算のまとめ。るるぶの予約のやつが、うまく領収書が印刷できず、残念なことに。もう先に精算するのはやめよう。 体調がようやく少し復活してきた。

移行作業

朝早くから移行作業。お昼までには終了。家に帰ると疲れたせいか、殆ど寝て過ごしてしまう。体調があまり良くない。

保守のはなし

12日の天声人語で安倍首相が保守かみたいなことが書いてあった。まあある面では朝日新聞こそ頑な保守ともいえる。

寒い

お客様の関係で久しぶりに秦野へ。少し早起きして、ロマンスカーで移動できたので、ずいぶん楽ができた。雨で冷たい日だったが、打ち合わせは問題なく終わり、いい日になった。 ここ数日、体調が悪かったが、かなり復活してきた。

事務所の整理

知立にあった事務所を整理することに。いろんなものがあったが、ほとんどのものは捨ててしまった。寂しいような。その後、牛銀で新年会。30分位であっさり終わった。

テスト

現行のデータからテストデータを生成して、内容を確認する。Accessでインポートして、クエリを作って、CSV出力して、取り込ませることの繰り返し。 結果がなかなか合わないときは不一致クエリで分析したり。 面倒だが、まだバグが残っているので仕方がない。…

ライセンス

午前中は、耳鼻科へ。耳の検査をした所、そこそこいいらしい。ただ、耳鳴りは残っているのですが。 午後から、別のお客さん。オープンソースパッケージの調査の依頼。でも、プロプライエタリなソフトをつくろうとしているから、ライセンスの問題が引っかかっ…

仕事始め

仕事始め。まずは、去年からのお客さんのところへ。さっそくいろいろ問い合わせがあったけど、大したことなかった。 時間があったので、PowerShellでツールを作成する。パイプラインがメソッドチェーンみたいで面白い。でも、パイプラインが逐次処理で、通常…

移動

東京へ移動。Macbook proやっぱり重い。ipad airだけでよかったよ。洗濯などをとりこんで、アイロンかけて、お酒を飲んだら、1日が終わってしまった。

立木さん

立木山に縁起物を納めに行く。階段で行くのはちょっと怖かったので、瀬田から歩いた。 4日でも人が多く、1日はもっと人が多かったのだろう。ゆず湯のご接待が美味しかった。

にごり酒

お昼から親戚の家に。お年玉を配って、すき焼きや寿司、おせち料理を食べる。年末に買った月の桂の純米大吟醸にごり酒をもっていく。かるく発泡しており、美味しい。 おじさんが高齢のために、農家を引退するらしい。ついにうちの周りの農家の数も数えるのほ…

京都市内で数十センチの積雪とのこと。 朝起きて、伏見稲荷大社で縁起物を購入し、宇治神社で御札をもらったあと、親戚の家をまわる。 老いて世界が狭くなり、不安や恐怖におののく中で生きることが想像できない。記憶ができなくなるということは、知覚でき…

日本銀行と政治

日本銀行と政治-金融政策決定の軌跡 (中公新書)作者: 上川龍之進出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2014/10/24メディア: 新書この商品を含むブログ (11件) を見る速水総裁から今の黒田総裁までの総裁の動きと政治の関係についてをまとめた本。日銀の動き…

初詣

雪が降るまえに初詣に行った。寒い。明日はいろいろ行かなきゃいけないのだが、周りは真っ白だ。

電王戦リベンジマッチ

大晦日から見ていたが途中で力尽きた。ただ、人間側が途中で盛り返す展開は熱く、これまでにないパターンになった。また、対局者自らが解説するなど、新しい見せ方も面白い。最後は少し残念な感じになってしまったが、反省して新しい対局を見せてほしい。

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。しばらくぶりの更新だったので、ついでにはてなBlogに移動しようと思ったが、わからない。はてな記法でも書けるらしいのだけれど、設定が戻ってしまうし、謎が多い。 よって、ダイアリーを継続します。あと、Facebookと連携する…

ダメなときほど運はたまる

ダメなときほど運はたまる ~だれでも「運のいい人」になれる50のヒント~ (廣済堂新書)作者: 萩本欽一出版社/メーカー: 廣済堂出版発売日: 2011/01/18メディア: 新書購入: 2人 クリック: 18回この商品を含むブログ (13件) を見るこの本に書かれていることは、…

僕は明日もお客様に会いに行く

僕は明日もお客さまに会いに行く。作者: 川田修出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2013/04/19メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る私はずっと技術畑でやってきたため、営業というものが一体どういうものなのかを知らな…

アウトローの合理性

いびつな絆 関東連合の真実作者: 工藤明男出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2013/06/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (10件) を見るメディアで有名になった関東連合という組織に属していた人が書いた手記である。どこまでが真実なのかはもちろんわか…

わが盲想

わが盲想 (一般書)作者: モハメド・オマル・アブディン出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2013/05/16メディア: 単行本この商品を含むブログ (14件) を見るソマリランドの本を書いた高野さんのサイトから興味を持ったので購入してみた。スーダン人でかつ目が…

謎の独立国家ソマリランド

謎の独立国家ソマリランド作者: 高野秀行出版社/メーカー: 本の雑誌社発売日: 2013/02/19メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 42回この商品を含むブログ (72件) を見る飛行機でアルゼンチンのブエノスアイレスについた時、現地のガイドさんに様々な注意を受…

jubeat

jubeat plusをまたやり始めた。私くらいの年の人だと懐かしい曲が入っている。例えば、 北斗の拳 The ALFEE 工藤静香 おニャン子クラブ など。まだ買っていないがユニコーンや電気グルーヴなんかもあった。需要があるのだろうか? 久しぶりにおニャン子クラ…

さいごに

最後は短くなった。なぜなら、より物理設計に近くなると異論がなくなるからである。言い換えると、論理設計は正解がない。設計者の裁量の部分が大きく、何が絶対的に正しいとは言い難い。 そもそも、アンチパターンとはなんだろうか?本書の著者によると 問…

砂の城

想定不足により深刻な障害が起きるというアンチパターン。障害が起きるまで放置するのではなく、想定をし、予防をしようというもの。とくに運用後の体制について記述されている。 ベンチマークを取っておく、テスト環境を用意する。例外処理をきっちりやって…

マジックビーンズ

MVCアーキテクチャにおいて、モデルを単なるCRUDの部品として扱ってしまうと、それ以外のコントローラなどがあらゆるモデルのオブジェクトを使って、肥大化してしまい、修正が大変になるという問題。「ドメインモデル貧血症」ともいう。 フレームワークによ…

ディプロマティック・イミュニティ

アプリケーションの開発のルールをデータベース設計だけには適用しないということ。 データベースの設計者だけが特権的な位置にいるということがあるらしい。 よくわからないが、少なくともここで述べられている文書化やバージョン管理をしない(あるいは知…

シー・ノー・エビル

SQLの実行結果のステータスを何も見ないなど、エラー処理を放置してしまうこと。 どのようなエラーがあるのかを知っていればほとんどこのような処置をすることはないと思うが。

シュードキー・ニートフリーク

擬似キーの欠番を埋めるとかいうことはやめましょう。ということ。擬似キーは内部的な値なので欠番が生じても何も問題ないはずである。 ただし、本当のコードつまり、人間が管理すべきコードとしてはあまり良くないかもしれない。このため採番用のテーブルを…