移動

東京へ移動。Macbook proやっぱり重い。ipad airだけでよかったよ。洗濯などをとりこんで、アイロンかけて、お酒を飲んだら、1日が終わってしまった。

立木さん

立木山に縁起物を納めに行く。階段で行くのはちょっと怖かったので、瀬田から歩いた。 4日でも人が多く、1日はもっと人が多かったのだろう。ゆず湯のご接待が美味しかった。

にごり酒

お昼から親戚の家に。お年玉を配って、すき焼きや寿司、おせち料理を食べる。年末に買った月の桂の純米大吟醸にごり酒をもっていく。かるく発泡しており、美味しい。 おじさんが高齢のために、農家を引退するらしい。ついにうちの周りの農家の数も数えるのほ…

京都市内で数十センチの積雪とのこと。 朝起きて、伏見稲荷大社で縁起物を購入し、宇治神社で御札をもらったあと、親戚の家をまわる。 老いて世界が狭くなり、不安や恐怖におののく中で生きることが想像できない。記憶ができなくなるということは、知覚でき…

日本銀行と政治

日本銀行と政治-金融政策決定の軌跡 (中公新書)作者: 上川龍之進出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2014/10/24メディア: 新書この商品を含むブログ (11件) を見る速水総裁から今の黒田総裁までの総裁の動きと政治の関係についてをまとめた本。日銀の動き…

初詣

雪が降るまえに初詣に行った。寒い。明日はいろいろ行かなきゃいけないのだが、周りは真っ白だ。

電王戦リベンジマッチ

大晦日から見ていたが途中で力尽きた。ただ、人間側が途中で盛り返す展開は熱く、これまでにないパターンになった。また、対局者自らが解説するなど、新しい見せ方も面白い。最後は少し残念な感じになってしまったが、反省して新しい対局を見せてほしい。

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。しばらくぶりの更新だったので、ついでにはてなBlogに移動しようと思ったが、わからない。はてな記法でも書けるらしいのだけれど、設定が戻ってしまうし、謎が多い。 よって、ダイアリーを継続します。あと、Facebookと連携する…

ダメなときほど運はたまる

ダメなときほど運はたまる ~だれでも「運のいい人」になれる50のヒント~ (廣済堂新書)作者: 萩本欽一出版社/メーカー: 廣済堂出版発売日: 2011/01/18メディア: 新書購入: 2人 クリック: 18回この商品を含むブログ (13件) を見るこの本に書かれていることは、…

僕は明日もお客様に会いに行く

僕は明日もお客さまに会いに行く。作者: 川田修出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2013/04/19メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る私はずっと技術畑でやってきたため、営業というものが一体どういうものなのかを知らな…

アウトローの合理性

いびつな絆 関東連合の真実作者: 工藤明男出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2013/06/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (10件) を見るメディアで有名になった関東連合という組織に属していた人が書いた手記である。どこまでが真実なのかはもちろんわか…

わが盲想

わが盲想 (一般書)作者: モハメド・オマル・アブディン出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2013/05/16メディア: 単行本この商品を含むブログ (14件) を見るソマリランドの本を書いた高野さんのサイトから興味を持ったので購入してみた。スーダン人でかつ目が…

謎の独立国家ソマリランド

謎の独立国家ソマリランド作者: 高野秀行出版社/メーカー: 本の雑誌社発売日: 2013/02/19メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 42回この商品を含むブログ (72件) を見る飛行機でアルゼンチンのブエノスアイレスについた時、現地のガイドさんに様々な注意を受…

jubeat

jubeat plusをまたやり始めた。私くらいの年の人だと懐かしい曲が入っている。例えば、 北斗の拳 The ALFEE 工藤静香 おニャン子クラブ など。まだ買っていないがユニコーンや電気グルーヴなんかもあった。需要があるのだろうか? 久しぶりにおニャン子クラ…

さいごに

最後は短くなった。なぜなら、より物理設計に近くなると異論がなくなるからである。言い換えると、論理設計は正解がない。設計者の裁量の部分が大きく、何が絶対的に正しいとは言い難い。 そもそも、アンチパターンとはなんだろうか?本書の著者によると 問…

砂の城

想定不足により深刻な障害が起きるというアンチパターン。障害が起きるまで放置するのではなく、想定をし、予防をしようというもの。とくに運用後の体制について記述されている。 ベンチマークを取っておく、テスト環境を用意する。例外処理をきっちりやって…

マジックビーンズ

MVCアーキテクチャにおいて、モデルを単なるCRUDの部品として扱ってしまうと、それ以外のコントローラなどがあらゆるモデルのオブジェクトを使って、肥大化してしまい、修正が大変になるという問題。「ドメインモデル貧血症」ともいう。 フレームワークによ…

ディプロマティック・イミュニティ

アプリケーションの開発のルールをデータベース設計だけには適用しないということ。 データベースの設計者だけが特権的な位置にいるということがあるらしい。 よくわからないが、少なくともここで述べられている文書化やバージョン管理をしない(あるいは知…

シー・ノー・エビル

SQLの実行結果のステータスを何も見ないなど、エラー処理を放置してしまうこと。 どのようなエラーがあるのかを知っていればほとんどこのような処置をすることはないと思うが。

シュードキー・ニートフリーク

擬似キーの欠番を埋めるとかいうことはやめましょう。ということ。擬似キーは内部的な値なので欠番が生じても何も問題ないはずである。 ただし、本当のコードつまり、人間が管理すべきコードとしてはあまり良くないかもしれない。このため採番用のテーブルを…

SQLインジェクション

SQLを文字列から組み立て、かつユーザーが入力させる値を途中で組み込むときは、SQLインジェクション攻撃に気をつけましょうというもの。

リーダブルパスワード

パスワードを平文のままデータベースに保管してはいけませんよ、という内容。

インプリシットカラム

ワイルドカードを使ったSQL文は避けろというもの。属性を加えるとエラーになったり、ワイルドカードですべての列を取得するのはパフォーマンスに影響するから、だめだよ。という。列名を明示的に指定しましょう。ということ。 確かに、使う必要のある列のみ…

スパゲッティクエリ

スパゲッティな複雑なクエリを書くと、意図しない結果を出したり、デバッグも難しくなったりするというもの。 解決策としては分割統治を行うべきだということで以下の解決策を出している ワンステップずつ SQLを分割し、ワンステップずつ処理すべき UNIONを…

プアマンズサーチエンジン

全文検索をSQLでやろうとして、LIKE演算子や正規表現で検索しようとすること。インデックスなどが使えないため遅い。全文検索エンジンを使いましょうというもの。 たしかにそのとおりですね。日本語の場合は単語境界をとるのが難しいのと、送り仮名など表現…

ランダムセレクション

ランダムにデータを抽出する際にorder by rand()を使うと、件数が多くなると遅いよ、というアンチパターン。MySQLを使ったこともなければ、ランダムにデータを取り出すという要求もないので、知らなかったが、要は並び替えを常に行うので、遅いらしい。 で、…

アンビギュアスグループ

最大値や最小値が得られた値について、その最大値をもつタプル(行)の別の属性(列)を取得したいとした時に、group by句に含まれない属性をselectの属性に含めてしまうというもの。 ほとんどのRDBMSではエラーになるが、MySQLとSQLiteはエラーにならないと…

フィア・オブ・ジ・アンノウン

NULLの振る舞いについて。本書ではNULLを使うことがアンチパターンでなく、一般の値としてNULLを使うことが良くないと述べている。 とくに、すべての項目にNOT NULLを使うように強制するのはよくないという。欠けている値を表現するには、何かの値を「欠けて…

インデックスショットガン

インデックスの性質を理解して、闇雲にインデックスを作成したり、逆に全く設定しないということのないように、というもの。そりゃそうだ。 ただ、解決策に示されているのは、すでに運用中のデータベースに対するパフォーマンス改善としてのインデックスの作…

SQLアンチパターン6

論理設計は議論すべき点が多いと思うが、物理設計以降になってくるとその通りとしか言えないものも増えてくる。